2006年04月10日

「悲しい、日本茶」・せつ3

やったー、ホテルに到着したよ!」

明るい夫の声を聞いて、はっとスイッチオンしました。

マンチェスター空港をあの後、何時間もさまよったこと。
(確信-その1:私たちほどマンチェスター空港を歩き尽くした日本人はいないのでは・・)

24時間オープンのハーツさんのカウンターにやっとたどり着いたら、
カウンターにいた人が、ものすごくハンサムでいい人に見えたこと。

空港の屋上のレンタカーの置き場所が、何社もの共有で
車の海のような広大な場所を、一台一台鍵を差し込みながら探したこと。
(確信-その2:これでは遠目に泥棒では・・?)

パブがあるたびにおそるおそるノックして、地図を見せながら教えてもらったこと。
その後はあまりにいろいろなことが起こったので、
自動的にスイッチオフしてしまったのでした。

さあ、問題は段ボールです。

自力買い付けの必需品ですね。2年前、師と仰ぐアンティークディーラーの方に教わりました。その方は、日本のアンティークショップに「卸し」をされています。

もちろん私たちとは資金力が違うので、運送会社の方に買い付けたお店を回っていただく
ピックアップと商品のパッキングを委託していらっしゃいました。
それは今は、はるかなるあこがれ・・・、
自力パッキングには頑丈ないい段ボールが必要です。

で、次なる大作戦は「ホテルに事前に段ボールを届けてもらう」です。

はたして段ボールは届いているのでしょうか・・。

もう真夜中、見るとカウンターに人影がぽつり。またここで考えそうになる私・・。
いけない、明るく明るく・・。この時のためにはるばる「玉露」をお土産に持ってきたのでは。
このホテルをベースキャンプにするのだし、段ボールを預かってくれているはずだし。
ここは良い第一印象が大切なはず。特にホテルの支配人さんには。

思い切って「日本茶はお好きですか?」といきなり切り出してみる。
しばらくの無言の見つめ合いのあと、にっこりと受け取ってくれた若々しい青年。
若々しい青年・・・?

翌朝予感は的中して、若々しい青年は夜だけのアルバイトだったとわかるのでした。

お土産の、たった1つの玉露が・・・。 

段ボールは届いておりました・・。

せつ


3.se.jpg




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 10:52 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。