2006年06月29日

アタック隊・・せつ9

さあ、イギリス最後の大仕事は「日本への発送」です。
(ちょっと強引な展開ですね・・すみません・・。)

マンチェスターから日本に、大切な大切な買い付けた
アンティークたちを、安全で確実に輸送しなければ。

そしてここが大切!現地の担当者はできれば日本人であってほしい・・。
(理由はもうお分かりですね・・。)

出発前は、いろいろな運送会社に問い合わせを繰り返す日々でした。

そしてついに、見つけさせていただきました。
やっと1人、「日通マンチェスター」さんに。会社も大きくて安心。

それからというもの毎日毎日メールや電話で、攻撃を開始!
ひどいときは、日に3回も4回もメール攻撃でした。

聞きたいことや教えていただきたいことが、知れば知るほど増えてきます。

Sさんにそのうち嫌われてしまうのでは・・と、ちょっぴり心配でした。
でもSさんはとても忍耐強く、接してくださいました。

ついにその方にお会いできる日です!



お化粧も久しぶりにしてみました。笑顔チェックもOK!
どきどきしながら、大きな倉庫の事務所の中に・・。

にこにこ爽やかな笑顔と、ちょっぴりの心配顔で出てきてくださいました。
(無理もありません・・あれだけ追いかけられたら・・。)

初めてお会いするSさんは、もう他人とは思えません・・。
(Sさんはどうかわかりませんが・・・。くすん。)
私たちは、はじめからすっかり打ち解けてしまいました。

そして、あんなに大切に思っていたアンティークたちが
大きなこの倉庫にちゃんと包まれて・・立派になって。

お預けしていた、アンティークたちとのご対面(実務的には確認)では、
2人ともちょっとじーんとしてしまいました。

そして1ヵ月後に、長い長い船旅を終えて日本にやってくるのですね・・。

荷物を見て涙ぐんでいる私たちを、Sさんはやっぱりちょっと
心配そうに見ています。

「がんばれ!アンティークたち。」「無事に日本にくるんだよ。」と
荷物にたいして、真剣に声をかける私たちを見て、
Sさんはもっともっと心配そうな顔になるのでした・・。

======================

明日から、また買い付けに行ってまいります。

きっとまたしても「珍道中」のような予感が・・・。
詳しいご報告は、「店長日記ー2」にてさせていただきますね。

前回以上のいい買い付けができるように、がんばってまいります(^^)/


se-9.jpg










♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 21:39 | 東京 🌁 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

「ダースベイダー」・・夫8

スターウォーズのダースベイダーがあらわれるときの音楽とともに、
そう、Mr.Kの登場です。

来週どうしているのか、と聞かれたので、
ストーク・オン・トレントに行くといったら、
それは奇遇だ、私はそこに住んでいる、ぜひ奥様と食事に誘いたい。
ともちろん、英語で言われたので、OK、それはすばらしい、ぜひ喜んで、
などと安請け合いしてしまったことが始まりでした。

で、途中の一週間をすべて飛ばして、その日の話です。

前日に、Mr.Kから携帯に電話が入り、明日はどうかね、と確認の電話が入りました。
この頃から、どうも僕たちに興味を持ちすぎているなあ、と感じていました、
せつさんは、私には関係ないもんね、といったふうでそっけないです。

で、当日、マンチェスターからストーク・オン・トレントへ、

そうそうこの街は、みなさんすでにご存知の方も多いでしょうが、
世界で最も有名な陶器の町です。

ウェッジウッドやロイヤルドルトンの本社が、
美しい森の中で歴史に育まれてひっそりとたたずんでいるすばらしいところです。

そのウェッジウッドのビジターセンターの受付に午後1時という約束をしたのですが、
とにかくストーク・オン・トレントの町に入ったとたん、大渋滞。
しかも悪いことに携帯のバッテリー切れで、連絡も取れず。

結局ついたのは、午後3時。
もちろん、Mr,Kはいません。そりゃそうだろうな。

と思いつつ、ビジターセンターの中にいたら、
受付の女性が怖い顔で、
「あなたが来たらここに電話するようにといわれたのよ、この忙しいのに」
とかなり冷たい口調で僕にメモを渡しました。

それからしばらくして、Mr.Kから受付に電話があったらしく、
僕に電話に出ろといいます。

電話口で必死で謝る僕。とにかく、時間がないので今回はキャンセルしてね、
と訴えているのに、言葉が通じないのか、
MrKもしつこくじゃあ今夜はどう、明日はどう、ホテルまで行くよ、
とかとか・・・・・・んもう、しつこーいの。
なんやかや30分くらいつかまってしまいました。

しかもウエッジウッドの本社の受付で借りた電話ですよ。
受付の怖い女性が「ジーザス」なんて顔をして、あからさまに嫌な顔を僕に向けます。

そのあと、ファクトリーセンターにいくつもりでしたので、
やっと電話を切って早く出かけようというとことになりました。
だってMr,Kがいまからそっちに行くって言うから、
もう怖くなって早く逃げちゃおということになったのです。

でかけようとしたら、受付の女性が
「そういえば、さっきの男の人(Mr.K)に、
あなたがたがファクトリーショップに行くことを話しておいたわ」
とか言うではありませんか。

なんで余計なこと言うかなあ、まいったなあ。わざとかなあ。
そのとき僕の脳裏に浮かんだのは、映画のダースベイダーでした。

怖い。追いつめられる恐怖。建物の影からいつあらわれるか、気が気ではありません。

しかし、せつさんは、なーんにも考えていません。
あ、これおいしい、なんてビジターセンターで買ったポテトなんか食べています。

とにかく、逃げることだけ考えるんだ。とクルマをひた走らせます。

つづく。

__DSCF0020.jpg


♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 20:00 | 東京 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

「野麦峠。」・・せつ8

連日の過酷な買い付けの日々はどんどん過ぎていきます。

そういえば以前、どなたかのホームページで買い付けの様子を
書いていらっしゃいました。

その方もご夫婦でイギリスへアンティークの買い付けに。
ロンドンを中心に買い付けされているようでした。

シティの中心にある5つ星のホテルに宿泊されていました。
(ホテルのお写真付き&すばらしいお部屋の調度品たち・・)

午前中は近所をご夫婦でお散歩・・・。午後から買い付けです。
もちろんアフタヌーンティーも楽しんで・・・。

それを見てしまった私は、「これ!これ!」と叫んでしまいました。

なんて、すてきな買い付けでしょう・・・うっとり。
イギリスの買い付けはこうでなくっちゃ・・むふふ・・・。
(むふふ・・?)

優雅です! 5つ星です! アフタヌーンティですっ!

きっとこんなふうに夫は計画してくれるに違いない・・と、
くわしいスケジュールを聞かないまま、イギリスへ。

はっと気が付くと、ショッピングカートを片手にニンジャ走りの日々・・。

早朝に起きてすぐ、買い付け現場へ直行。お昼ごはんも食べられず・・。
夕方遅くにホテルに戻ったら、毎日お部屋でもくもくと深夜まで、
その日のアンティークたちを山のように厳重なラッピング作業・・。

あれっ? 私のアフタヌーンティーは・・・?
お散歩は・・・? 5つ星は・・・?

これでは昔見た映画の「野麦峠」では・・・。
女工哀史・・・。(女工・・・?)

そんな日々でついに、女工も立ち上がりました。

スローガンは「ホテルで優雅な朝食をこの口に!」ですっ。
それを食べない限りテコでも動かないことをアピール。
(テコ・・・。)

そして、ついに労組の勝利! 立ち上がって良かった・・。

初めてのイングリッシュ・ブレックファーストです。
どきどきしながら、がらんとした早朝のレストランに。
注文する声も、1オクターブ上がります。

つつがなく優雅にお食事・・。
そろそろお腹がいっぱい・・と思っていたら、電話帳がお皿に乗って。

電話帳・・?とよく見ると、
電話帳そっくりの巨大なハムではありませんか。

なぜこんなに大きいの・・・。もしかしてこれは、
ハムに見える電話帳では・・・?
残すと2度とこんな朝食はできなくなる予感が・・・。

心の中は葛藤でぐるぐるです。

こうなったら、死ぬ気で食べるしかない・・・。
(死ぬ気・・・?)

もう2度と食べられなくても、これ以上 は食べられない・・!
と、思って「私は断固、残します!」と宣言しようと
夫をみると・・・、

私の倍も大きい塊のハムがお皿に残って・・・。

そしておもむろに「せつさんは、よく食べますねぇ。感心しますねぇ。」
と言うではないですか。

攻撃は最大の防御・・・・・。


se_8_2枚合体_.jpg







♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 22:49 | 東京 🌁 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

「・・・勘違い」・・・夫 7

「せつさん、ほんとにここでいいの」とおそるおそるせつさんに
話しかけますが、もういません。

いつもはのんびりというか、ぼーっとしているせつさんですが、
ひとたびじぶんの興味のあることを目の前にすると
人が変わったように動きがすばやくなります。

かなたの体育館のような建物にニンジャ走りというか、
どう見ても欽ちゃん走りであたりをきょろきょろうかがいながら、
いつのまにか消えてしまいました。

僕は手前の小さい建物の古びたキューピー人形やら、
どうみてもソニーのラジカセとか、いわくありげなトランプなど、
おおよそアンティークとは似つかわしくないものが
雑然と並べてあるブースが見えて、気がきではありません。
中に入ると、人もまばらで、活気もありません。

心配になって、せつさんにウォーキートーキーで連絡を入れました。
「せつさーん、どこにいますか」
すると思いっきりハイテンションになったせつさんの声が
飛び込んできました。
「はやくこっちにきてちょうだい」

外に出ると先ほどせつさんが消えていった建物に
たくさんの人が吸いこまれていきます。
僕もその建物に入ると、家族連れやらカップルやら
一見してディーラーの人やらで、もうたいへんです。
何千人もの人でごった返しているので、
せつさんがどこにいるかまったくわかりません。

ポーセリン、シルバー製品、農具、キッチンツールなど、
せつさんの大好きなものが小さいストールから大きなストールまで、
これでもかというくらいに並べられています。

3周ほどしたでしょうか、
シルバーのカトラリーセットを売っているお姉さんとせつさんが
真剣に話し合っています。
僕を見つけると、いきなり「これ、どう思う」と
古い木箱に入ったカトラリーを差し出します。
お姉さんの説明によると1880年頃のもので、
昔から家で使っていたとのことです。

せつさんの目は完全にクリックリッしています。
よく見ると、せつさんの足元にはスーパーで使う
ガラガラのタイヤがついた大きなバッグがすでにぱんぱんです。

そのカトラリーセットを急いで買うと、
「早くこのバッグを持って」と言うやいなや、
またニンジャ走り(欽ちゃん走り)で、人ごみに消えていきました。

そうか、僕がいちばんはじめに入った建物は、フリーマーケットになっていて、
セカンド品などを売っているところだったんですね。
もちろん、こちらのアンティークマーケットが今日のメインイベントなわけです。

それにしても、日本人はひとりもいませんね。
さすがにこんなイギリスの田舎にまで買付けに来る
日本人ディーラーなんて、きっといないんでしょうね。

ふと目の前のストールでウェッジウッドやドルトンが
やけに安く売っている店があったので、じっくりみていると、
「ハーイ、日本からきたのかね」(英語)と
調子のいいイギリス人のおじさんMr.Kが声をかけてきました。

この人がじつは後ほどたいへんなことになるわけで・・・・。

つづく。

__DSCF0009.jpg

♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 15:33 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。