2006年10月31日

悪夢・その1:せつ-7

さあ今日は、待ちに待った土曜日です!

各地でアンティークフェアがある日ですね。

週末のフェアは、私たちの買い付けの大切な日なのです。

というのも、なぜだか同じようなアンティークでも
買う場所によって大きくお値段が違うからです。

もちろん一番高いのは、ロンドンなどの大都市の「アンティークショップ」ですね。

次はイギリスの各地にある「アンティークセンター」とよばれる、
アンティークのデパートのようなお店たち。

一番お安く買い付けできるのが、私たちの大好きな「アンティークフェア」です。

ドリプレSHOPのコンセプトは、「いいものをお安くお届け!」ですから、
買い付けもできるだけ、いいものをお安く!ですよね。*^^*

去年はよくわからず、ブラウスにスカートという「正装」(!)で出かけていましたが、
大きな重たい荷物をしょったり、だだっ!と、
得意のニンジャ走りをするにはお洋服のチョイスも大切です。

もちろん、動きやすいのが一番!

ということで、もっぱら洗いざらしの15年前のTシャツ、
(物持ちがよすぎるかも・・・Tシャツもアンティーク・・・T−T)

そして、秘密兵器に入れてもいいくらい楽〜な、「のびのびジーンズ」(!)です。
(半ズボンのときも・・・。)

そしてそして、最近のお気に入りの足元は、なんと「サンダル」です。

そんなワードローブに今日も着がえましょう・・と探しましたが、
うっかりお洗濯を忘れて、新しい着替えがありませんでした。

しょうがないので、なにかのときのため(何・・?)に持ってきた
一番いいお洋服に着替えました。
(といってもごく普通のカジュアル服ですが・・。)

ふっと、横を見るとなぜか夫も一番いいお洋服に。
ジャケットまで着込んでいます。
(といってもこちらも普通のカジュアル服ですが。)

「僕も着替えがありません・・。」とのこと。(T−T)

しょうがないので、一番いいお洋服に着替えた2人。

これが後々、私たちを救うことになるとは・・・!!

どっこいしょ!といつものようにかついだ、ピンクのビニールの
巨大な「ネコちゃんバッグ」。

これが後々、悪夢の象徴となるとは・・・!!

今回の買い付けの忘れられない思い出!「タットンパークの悪夢と幸福」
を、夫とともに2回に分けてお送りいたしますね。
(どきどき・・・)

seQ7.jpg




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 12:23 | 東京 🌁 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

生活:夫-6

「うふふ・・・」と笑っているせつさんのとなりで、僕も「うふふ・・・」

ホテルの近くの巨大スーパーで、
夫婦でうふうふしているへんな日本人が、毎日やってきては
大量に食料を買っていくと・・、地元では評判になるわけないですね。(^^)

とくに水がないと生きていけないせつさんが、
4リットルボトルを毎日大量に買うものだから、
ホテルの部屋の中は食料庫みたいになってしまいました。(T-T)

ホテルの近くには、ガーデンセンターもあって、
ここではもっぱらせつさんが、自分の趣味用のものを大量に買っていました。

とくに宿根草の種が充実しているらしく、
「こんなもの日本では、絶対手に入らない・・」とぶつぶつ言いながら、
すばやく買い物かごに次から次へと入れていきます。

僕は奥のコーヒーショップでコーラを飲みながら、
やることもなくぶらぶらしていると、
太ったおじさんと目が合って、笑いながらやれやれといったふうに両手を広げます。

どうやら同類だったようです。

彼の奥さんと思しき、太った女性が巨大なカートに山ほどの買い物をいれて、
なにかを彼に命令しては、またショッピングにもどって行ったようです。

太ったおじさんは僕にウインクすると、荷物を運んでいきます。

イギリスでも、僕みたいなおじさんがいるのですね。(^^)

それにしてもこの夫婦、二人合わせて、ぜったい200kg超えてるよ。

よかった、僕たちのほうがまだまし。

そういえば、イギリスにきたらせつさんがやせて見えるのは、なぜ?

深くは追求しませんが・・・。

それから、せつさんに「エライ!」とほめられた、
ロイさんの中華料理のテイクアウトもほんの近くです。

イギリスの片田舎では、レストランといえばパブしかありません。

毎日、グレービーソースがたっぷりかかった硬い肉では日本人としてはつらいです。

救いはパブでも必ずカレーがあることです。

そんな食生活に、突如あらわれた中華料理、
しかもこれがテイクアウトとは思えない本格なのです。

やはり、ホテルで自炊、は定番になりそうです。(T-T)

なんだか、ここの生活にもすっかりなれて、だんだん快適になってきました。

それにしても日本人を、いやアジア人もロイさん家族以外、見ません。

つづく


DSCF0046.JPG





♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 13:21 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

スーパー:せつ-6

さあ、今日も良く働きました。

最近ニンジャ走りにも、気のせいか磨きがかかってきました。
心なしか足も、いつの間にか筋肉質に・・。

もともと、重いものを持つのが大好き(なぜ・・)だったので、
買い付け荷物の山は、ぜんぜん気になりません。

もうすっかり「優雅なイギリス買い付け夫婦」は、幻想・・(T−T)
ということで、気持ちもすっきり吹っ切れました♪

でも、お腹は夕方になるとペコペコです。*^^*

そこで毎日の夕方の寄り道コースは、ホテルの近所の巨大スーパーです。

ショッピングカートも巨大です。

何種類もあって、小ぶりなもの(これが普通の日本サイズですね)から、
5人位の大人が乗れそうなものまでいろいろあります。

よく見ると、サイズ以外にも細分化されていて
子供一人を一緒に乗せるもの(これは日本にもありますよね)
子供2人を乗せられるもの、ペットを乗せられるもの(大型&小型)、
持ち手が低いもの、高いもの、などなどバラエティに富んでいます。

大きな黒人のガードマンさんの横をおそるおそる通って中へ。

うわぁ〜〜!すご〜〜い!!

と、毎日来ているのに、毎日驚くのでした。

天井までぎっしりと、
おいしそうなものたちががてんこ盛りです。(ドンキホーテ・・?)

今回は、「ホテルで自炊!」がテーマですから、
よく考、えてお買い物をしなければ。

もちろんホテルのお部屋には、お台所はありません。
とっても小さな電気ポットが1つ・・。

お湯でなにかするものか、「素」でいただけるものをすばやくチェック!

ふふふ・・・おいしそうなもので一杯の棚の前に来ると、
なぜかいつも笑顔に。

サラダコーナーの前で、うふふ・・・。

フルーツコーナーの前で、うふふ・・。

ついでに、チョコレートコーナーの前で、うふふふ・・。
(だんだんお菓子に心が占領されつつ・・・)

ふと横を見ると、夫の顔もすばらしく明るい「うふふふ顔」に。

巨大な棚の前でお買い物もせずに、
なぜかうれしくて、笑い続ける2人でした・・・(T−T)














♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 19:00 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

江戸っ子:夫-5

「はい、つぎ!」

せつさんの威勢のよい声が、ホテルの狭い部屋に響きます。

せつさんが次々とアンティークたちを包んでは、僕に渡します。

僕はそれを受け取って、次々にダンボールに入れていきます。

「はいよ!」
「ほいきた!」
「こらさ!」
「あらよ!」

さしづめ、江戸時代の駕篭やさんです。

ふと気がつくと、部屋の中がダンボールだらけです。

それもそのはず、朝からずーっと、
「よいしょ!」
「こらさ!」
とかなんとか、ランチも取るのを忘れて続けていているのですから・・・。

ホテルの人たちも僕たちが何をやっているのか、興味しんしんです。

夕方になって、「おっと、こいつあ、いけねえや!!」

と、すっかり江戸っ子言葉になってしまった僕が思い出したのは、
このダンボールたちを日通さんに持っていかなければいけないってことでした。

レンタカーには、ぎりぎり7個しかつめません。

今回のダンボールは全部で23個ありましたから、
それに農具とか椅子とかもあったものですから、
何往復したことでしょうか。

ちなみに、ホテルからマンチェスターの日通さんまで片道1時間はかかります。

「せつさん、ちょっくら行ってくらあ!!」と声をかけると

「おまいさん、気をつけて行くんだよ」と、
火打石なんかをカチカチっと・・・・つけるわけないですよね。

そうなんです。

ここはイギリスだってこと、すっかり忘れていました。

とまあ、こんな調子で荷造りの毎日がつづくのですが・・・。

つづく


DSCF0170.JPG



♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 14:33 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。