2007年01月30日

秘密兵器登場!:せつ-3

リバプールのアンティークフェアは、とても立派な建物の中にあります。

何百年も前の古いレンガが重厚な、大きなのっぽの塔のある建物です。
くんくん・・、港に近いせいかなんだか潮の香りもしてしています。

あのビートルズが誕生したのも、この港町ですよね。
(そういえば・・小学6年生の時の私のあだ名は「ビートルズ」でした。
 でもなぜ・・なぜ、ビートルズ・・?いまだに謎・・。)

前回はこのフェアで、スージークーパーさんと出会えたので、
今回もワクワクで目がキラキラ♪です。(血圧も上がり気味・・気をつけないと!)

2回目なので、2階が会場だということも知っているし、
入ってすぐのデスクにどっかり座った大きな男性が、
コワモテ(!)だけど、本当は親切なことも知っています。

この「経験済み」って、精神衛生上とっても大切ですよね。*^^*

受付の男性とにっこりご挨拶を済ませたら、いかにもなれている
プロのディーラーさんのように、足取りも軽く2階の会場へ。
(でも両手にはキャスター付のお買い物かご。ここがプロの方と、明らかに違いますねT−T)

わぁ〜!!今回もステキなものがた〜くさん!です。

外は人気も無く静かだったのに、会場はスタート時間ちょうどでもうぎっしりです!
すごい熱気です。みなさん本当にアンティークがお好きなのですね。
(時間前からきっと大勢集まって・・・熱心ですね。)

得意のニンジャ走りで、どんどん買い付けをスタート!
いつのまにか、足だけは(T−T)おかげさまで筋肉質に。

買い付けのスピードも、気のせいかアップしているようです*^^*

今回の秘密兵器は、大きな「ライト付の拡大鏡」です!
(これが無いと、小さなホールマークとかが見えなくて・・)
会場はどこも暗いので、「ライト付」というところが自慢です。

ルーペをおもむろに出して、えっへん!と見ていると、
お隣の一般客のかたも、さりげなくルーペで見ているではありませんか!
その向こうの女性たちも、みんな手に手にマイルーペを・・・。
(イギリスのかたって、こんなところがやっぱりすごいですね・・。完敗。)

はっと気がつくと、お昼をとっくに過ぎていました。
会場と車を、何度も荷物を持って往復していた夫も、お腹がぺこぺこ顔です。

そう、今日のお昼のお楽しみは、ここリバプールにある安くておいしい
チャイニーズレストランです!
(このお店も前回、親切な会場のスタッフの方が、教えてくださったのです)

フェア会場から車で5分くらいの、港のそばにあるレストランです。
大きな赤い鳥居(!)が目印です。なぜか狛犬もどっかりと座っています。

テーブルについて、さっそくルーペの話を夫にしようと、ポケットをさぐると・・・!

ありませんー!
いろいろと研究を重ねてやっと手に入れた、ライト付のマイルーペがー!

アタフタしていると夫が、「でも思ったより長く持ちましたよね。」と。
「えっ?」と聞き返すと、
「僕が初めてプレゼントした腕時計は、1時間くらいでなくしたじゃないですか。」とのこと。

まずい・・・!

この話が出ると、夫は私のあれやこれやの落し物の数々を思い出してしまい・・。
たくさん落としているんですよね・・・これが(T−T)

ちょうどほかほかの中華料理がテーブルについたので、
「ささ、熱いうちに食べなきゃねー!」と、どんどんお皿にもって
お茶をにごしたのでした・・。

ふぅー、あぶなかったです・・。

結局、マイルーペは見つかりませんでした・・・(T−T)


se_3_3_2.jpg











♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 16:28 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

憂鬱:夫2


せつさんがベッドでごそごそしています。

家ではてこでも起きないせつさんですが、
イギリスに来ると、まっさきに起きてベッドの上に座って
「グッドモーニン」なんていっています。(――)

時差ボケは、朝はある意味ここちよいのですが、
夜は8時ころになると眠くなってしまいつらいです。(T−T)

買い付け初日は、なれた?リバプールのフェアへと走りました。

8時ころに出発といっても、まだ真っ暗です。

週末ということで、クルマも少なく、
犬を連れて散歩している人がちらほらといった感じです。

「やっぱ、冬のイギリスって、なんか、くらいよねえ。」
とわざと明るくせつさんをみると、
パンをもぐもぐ食べています。

どうもこちらに来てからの食生活はあまり改善されません。(T−T)

さびしいローカルロードを南下して小1時間。

古い教会で開催しているアンティークフェア会場に到着しました。

雨がふりだしたりして、いっそう陰鬱な感じです。

大丈夫かなあ、ちゃんとフェアやってんのかなあ、と僕はぶつぶつ。
ひたすらパンを口に運んで、せつさんはもぐもぐ。

ところが中に入ってびっくり!!!

夏のフェアのときとはうって変わって、人だらけです。

どこからきたのか、人、人、人なんです。

出店数も増えていて、なにやら活気にあふれています。

そうか、イギリスのアンティークの旬は冬なんですね。
と、大きく納得している僕のとなりで、
せつさんは、あいかわらずもぐもぐしています。

やれやれ。

つづく


UNI_0414.JPG




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 17:05 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

夜の国:せつ-2

12月のイギリスは、初めてです。

夕方の3時過ぎくらいから暗くなってきて、
朝は8時半でも、車はヘッドライトをつけています。

ということは、1日のうち「あかる〜い!」と思えるのは、6時間くらい。

イギリスの冬は、夜の国・・・なんですね。

夜中に、マンチェスターの北西部の、小さな村のホテルに着きました。

このホテルも、もう3回目。

なんだか第2の家のようで、すっかりリラックスです。
(今回はついに「すっぴん!」で、ロビーをうろうろ・・*^^*)

マネージャーのドンナさんとも、すっかり慣れて・・。
今回はちゃんと落ち着いて、笑顔でご挨拶できました。
(前回までは、緊張のため顔が引きつって・・)

世間話(!)にも挑戦したのですが、だんだんドンナさんの目は遠いところへ・・・。
(失敗・・・T-T)

今回もアンティークたちの大きな荷物の出し入れがあるので、
1階のお部屋にしていただきました。

その上、3回目なので思い切って料金を交渉!
(少しだけですが、お安くしてくださいました・・交渉は成功 *^^*)

小さな湯沸しポットでの自炊にも、すっかり慣れました。

今回の秘密兵器は、ビン詰めの「岩のり」です(しぶい・・・)。

これがあるとどんなに疲れていても、お湯をかけるだけで「お茶漬け」に!
(お湯漬け・・・?)

もちろん定番の「どん兵衛」さんも健在です *^^*

長旅で疲れたので、今日はぐっすりと寝ましょう!と
ベッドに横になったのに、ぜんぜん眠くありません・・・。

明日は朝から買い付けなのに・・と、眠ろうとすればするほど
目はパッチリ!(T-T)

ふっと見ると、夫はぐっすりと気持ちよさそうに熟睡しています。
(時差ぼけと無縁の体質・・?)

3時間ほどがんばっていましたが、もう無理!ときっぱりとあきらめて
起きることにしました。

窓の外は真っ暗で、風がビュービューと吹いています。

風の中に何か声が・・・・(??)

よーく聞いてみると、なにやら鳥の声のようです。

お洋服に着替えて、そろそろとホテルの外に出てみました。

目が暗闇に慣れてくると、ホテルの外の大きな木たちが揺れています。
それも風と逆の方向に!

大きな木に近づいて見ると・・・木の葉と思っていた黒いシルエットは
みーんな鳥たちだったのです!

うわぁ〜!すご〜い!!

何百羽という鳥たちが、木の枝にびっしりと!

東の空がほんの少しうっすらと明けてきました。
もっとよく鳥たちが見えます・・すごい・・・。

これはもう、ヒッチコックさんの「鳥」どころではありません。
南へ行く渡り鳥たちの大集団でしょうか・・?

ずーっと見ていたら急に、ばさばさばさーっと、
みーんな一緒に大声で鳴きながら、飛び立っていきました。

なんだか、すごいものを見てしまったかも・・・*^^*

感動しながらお部屋に戻ると、夫はまだぐっすりと眠っていました。

「ん?」と目を開けて、「鳥の夢を・・・。」とのこと。

平和なスタート・・・(T-T)


se_3_2.jpg





♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 15:23 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

誘惑:夫-1

「おなかいっぱいになったあー!」とせつさんが
巨大なフィッシュ&チップスを食べている間、
僕の頭の中はレンタカーのことで、頭がぐるぐる回っていました。

ちなみに、イギリスではレンタカーのことをカーハイヤーと呼ぶそうですね。

いつものことですが、迷路のようなマンチェスター空港は、
どこにレンタカーの受付があるかわかりません。

でもそこはもう3回目、
軽い足取りで、ハーツの看板をめざしてつき進みます。

ハーツの黄色い看板を見ると、さすがにほっとします。

前回のときは予約していたクルマがなく、
ボルボのステーションワゴンなんていう高級車になってしまったものだから、
僕の緊張感は高まっています。

受付の若いどちらかというと、
ラテン系(イギリスなのに?)の女の子がにこにこしながら待っています。

予約をしているのですが、とつたない英語で話しかけると、
ニコニコ笑いながら、こちらですねと書類をだします。

僕が書類を見ている間、微笑みながら
上目づかいで僕をちらちら見ているではありませんか。

な、な、なに・・?

平静を装いながら僕もチラッと彼女を見ると、一瞬、目が合いました。

そしたら、いきなりウィンクするではありませんか。

ハリウッド映画で主役のヒーローが、
美しいヒロインとはじめてバーで会うシーンの、
私とってもあなたに興味あるの・・・・みたいな。(^^^^)

そのとき僕の鼻の下は、おそらく30cmくらい伸びていたと思います。

そのときです。

背中にものすごい威圧感を感じて、ふっと振り向くとせつさんが
厳しい目で、ベンチにどかっと座って僕をにらんでいるではありませんか。 

こんなかんじ。(−_−)

わっ!なんでわかるんだろう!と心の中で叫んでしまいました。

クルマも予約しておいた車種だったし、
そそくさと、何事もなかったようにせつさんに、
「シャル ウイ」なんて、ふざけていたら、
後ろから「こんどから違うレンタカー会社にする。」と言うのですよ。

マンチェスター空港からホテルまで
真っ暗な高速道路を走る車内は、
異常な緊張感に包まれていました。(T−T)

つづく

ott0-1.jpg


♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 13:28 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。