2007年02月27日

運搬:夫4

以前、せつさんが職住接近というお話をしていましたが、
僕たちの泊まっているホテルでは、
小さな小さなアンティークフェアを水曜日と日曜日に開催しています。

いつもはどこに行くにも2人で出かけるのですが、
水曜日だけは別行動です。

僕がたくさんの荷物を、日通さんに届けに行きます。

その間、せつさんはホテルのフェアでしっかり買い付けるという、
なんとも一刻の時間も無駄にしないという、すばらしい作戦です。(^^)

しかし、せつさんはみかけによらず(見えてませんよね)、
ドジなところがあって、1人でほおっておくとどんな失敗をやらかすか、
じつに心配なのですが・・・・。

朝早く、たくさんのダンボールをクルマにこれでもかというくらいに詰め込んで、
日通のSさんのところに向かいます。

Sさんはここのところ出世してしまって、営業のご挨拶で出かけることが多く、
思うようにお会いすることができません。

でも僕が行くと、必ずスタッフの方に説明してくれているので、
とっても助かります。

初めてイギリスに買い付けに行ったときは、
わけもわからず日通さんに、ホテルまで荷物を引き取りに来てもらったり、
アンティークセンターで買い付けた家具を、トラックで引き取りにいってもらったりして、
後で請求書をみて、どきどきしたことがありました。

そんな経験から、できるだけ大きなレンタカーを借りて、
じぶんで日通さんへ荷物を持っていくことにしました。

Sさんにお聞きしたら、
買い付けにやってきて、そんなことをやっている人はいないそうです。(T-T)
でもいやな顔ひとつ見せず、Sさんは僕たち夫婦のことを暖かく応援してくれるのでした。

今日も荷物をたくさん積んで、日通さんへと向かうのですが、
朝の渋滞と、おまけに交通事故でたいへんな渋滞です。

いつもなら1時間もかからないのに、2時間ほどかかってしまいました。

午後一にはホテルのフェアで合流できるね、とせつさんと話していたのですが、
もっと遅くなりそうです。

ホテルのフェアのアンティークディーラーの人たちはいい人ばかりなので、
大丈夫だとは思うのですが、
それにしても、1人で行動することのほとんどないせつさんですから、ちょっと心配です。

果たしてその心配が・・・・。

kozo3_4_1.jpg

つづく




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 15:41 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

ご近所さん:せつ-4

いつも泊めていただいている村のホテルのご近所に、
ステキなガーデンセンターを発見しました!

車で3分くらいのところにあって、時間があるといつもウキウキとのぞきに・・*^^*

珍しいお花の種や、沢山のバラ苗、香りのいいキャンドルや、
ステキなシャベルや庭仕事のあれこれなど・・ガーデニング好きのかたなら
「うふふ・・♪」となってしまう場所ですね。

今回の買い付けは12月の前半だったので、クリスマス直前。

山ほどの大きなクリスマスツリーたちが、どさっと並んでいて壮観でした。
すがすがしいもみの木の香りがお店中に・・。

夫はさっそく「芝コーナー」に行ってしまいました。
(彼は、ドリプレ・ガーデンの芝担当部長なのです。)

そういえばここのところ、夫の役職はどんどん増えています。

銀磨き担当部長+電球(補充)部長+ランプ(修理)部長+
スミスの時計部長などの上に、ガーデンの芝管理部長も兼任しています。
(出世街道まっしぐら・・*^^*)

そろそろ本人も、「あれっ?」と気がつきつつあり、先日も
「役職がどんどん増えても、なんだかあんまりうれしくありません。」
とのこと。(ひやり!)

その中でも、芝に関してはかなり思い入れが強いようで(なぜ・・?)
いつもいろいろな「芝の本」を楽しそうに読んでいるのです。

私は球根や種のコーナーにいると、楽しくて時間を忘れてしまいます*^^*

お店の奥には小さな食堂があって、いつも人で一杯です。

デイリースープというのが「ランチ」のようなもので
みんなそれを、おいしそうに食べていらっしゃいます。

私もさっそく、デイリースープをオーダーしました。

こってりとしたお野菜のスープが、大きなどんぶり(!)になみなみと。
サービスのパンも大きいですね。

パクパク食べていて、ふっと夫の前を見ると何もありません。
オーダーしてから、ずいぶんたつのですが・・・。

「何を頼んだの?」と聞くと
「それが、わからないのです・・。」とのこと。

とってもお腹がすいていたので、ランチでは間に合いそうもないと思い
壁のメニューを指差したとのこと。
しかもかなり高いお値段のものを奮発したそうです。
(奮発・・・T-T)

ついに私が食べ終わっても、まだ夫の食事は届きません。

私は悪いけれど、一足先にお買い物に戻りました。

ずいぶんたって夫と出会うと、
「お腹は一杯になりましたが、やっぱりなんだか分かりませんでした。」とのこと。

「黒くて、大きくて、やわらかいものでした。」と、ぽつり。

夫が食べた黒いものって、なんだったのでしょう・・・。

知りたいような知りたくないような・・・(T−T)

でも、今も気になって・・そんな不思議なレストランのあるご近所さんです。


se_3_4++.jpg

♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 19:41 | 東京 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

爺さん:夫3

日曜日は、イギリス中どこでもアンティークフェアの日です。

前日から気合を入れて、北の田舎町の巨大なアンティークフェアへと向かうのでした。

8時からの開場に間に合うようにと真っ暗な6時ころに出発です。

このアンティークフェアは、せつさんの大のお気に入りで、
イギリスに来たら必ずでかけることにしています。

何がお気に入りかといいますと、
出展数が500と巨大なこと、
とにかくいろんなものがあること、
とっても庶民的なこと、
毎週日曜日に開催しているところもいいですね。

それになんといっても、あのおばあさんとおじいさんがいます。(^^)

今回もいるのかなあと話をしながら真っ暗な雨の中を走ります。

やがて会場に近づくと、クルマの数が多くなりました。

駐車場係の人に案内されてクルマを止めて入り口に向かうと、
まだ8時前だというのに長蛇の列です。(*-*)

夏はあんなに閑散としていたのに・・・・。

待つこと20分。

やっと中に入ると、たくさんのブースでぎっしり。

せつさんはまっしぐらにあのおばあさんのところに行きました。
ネコまっしぐら状態です。

いつもの場所に、いつものおばあさんが、いつものキャンピングカーで、
いつものワンちゃんといっしょにお店を出していました。

おばあさんはにっこりわらって、これはどう、あれはどうと
いろんなものを持ってきます。

せつさんはなんのためらいもなく、それらをすべて巨大バッグにいれていきます。

アンティークを買うというよりは、おばあさんだから買うといった感じです。

そういえば、おじいさんがいません。

まさか、なんてちょっと思ったりして。

ほかの店を見て回って戻ったら、
ちゃんとワンちゃんを抱えて店番をしていました。

僕たちもあんなふうに歳をとっていくのでしょうか。

僕も早くおじいさんになりたいです。(^^)

むっちゃくちゃ頑固ではげ頭で、
こどもなんかに「おっかねえ」とかいわれるじいさんになりたいです。


つづく

kose.jpg











♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 19:58 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。