2007年07月18日

B&Q:夫4-4

イギリスでアンティークばかり買い付けていると、
さすがに少しだけ、目がチカチカしてくる・・のは、
どうやら僕だけのようです。(T-T)

せつさんは日をおうごとに、ますますツヤツヤ元気です。

「たまには、ちょっと違うところにいこうよ〜。」との僕の提案に、
せつさんはしばらく考え込んで、
「ホームセンターだったら・・♪」と、やっとOKしてくれました。

もっとも、僕は日本でも大のホームセンター好きで、
とくにジョイフルホンダは、
一日中いてもあきないほど、大好きなんです。(^^)

こんなこともあろうかと、僕はイギリスに来る前にしっかり、
日通のSさんに、とにかく大きいホームセンターを紹介してね、
とリサーチしていたのでした。(ぬかりなし!)

それが、「B&Q」なんです。

ここはと〜にかく、デカイ!

でもって、何もかもそろっていて、
家一軒くらいは、簡単に建ってしまうほどの
道具やら材料やらがおいてあります!

そういえば、3年前にこのホームセンターで
せつさんがどうしてもほしいといった、ガラスの温室を
日本に送っていただきましたが、
なんと、すべてのガラスが割れていました・・・。(T-T)

ちょうどこの夏に、馬小屋(せつさんのスタジオ)を建てるので、
洗面台のシンクやら、蛇口やらをたくさん買いました。

何もかも物価が高いイギリスにあって、
こういったものは、日本より驚くほど安いんですよね。

そうそう、それと、「B&Q」と同じく忘れてならないのは、テスコ。

ここは、24時間営業している巨大スーパーです。

ここのゆで卵が入ったサラダが、とってもおいしかったなあ。

などど、のんびり買い物をしたかった僕なのに、
やっぱりせつさんは、どこにいっても、ニンジャ走りでした。(*^^*)

つづく


ko4_4+.jpg




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 18:51 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

青い海:せつ4−4

毎日アンティークたちに会いに、イギリスの中央部を、北へ南へ。

いろいろなアンティークフェアやアンティークショップを回っていると、
楽しみは移動の間に見る、車からのカントリーサイドの風景です。

今回の買い付けは、春真っ盛りの5月初旬でしたので
家々も道も、遠く草原も、お花たちでそれはきれいでした*^^*

ある日、アンティークフェアの会場の帰りに、道のそばの森の中が
ぽわ〜んと、青く輝いていました。

「ん?」と思ってよーく見ると、木立の下に群生した
たーくさんの、ブルーベルたちでした!

「うわぁ〜!すごーい!!」と叫びつつ、あわてて車を止めてもらって
森の中にそっと入って行きました。

木漏れ日に、ブルーベルの青色が海のように輝いていたのです。

イギリスのアンティークには、よくブルーベルのお花が登場しますが
こんなところに住んでいたら、身近なお花として登場していたのかも知れませんね・・・。

一度は、こんなブルーベルの青い海を見てみたかったので、
なんだかとっても感激(T−T)でした。

このブルーベルの、木漏れ日の野原に寝転がったら、
どんなに気持ちいいでしょう・・・♪ と
心の中で、激しく葛藤しましたが、私が寝転んでしまっては
被害も甚大・・(T−T)と、あきらめました。

お花って見ていると、どうして疲れが吹っ飛んでしまうのでしょう・・。
不思議ですよね・・*^^*

バラやお花が好きなせいか、買い付けるアンティークさんたちも
お花や植物のデザイン!ときめています。

ブルーベルの海のおかげで、疲れも吹っ飛んでしまいました。

どこか遠くで「ゴ〜ッホ!ゴホゴホ・・。」という響きが・・。

すっかり夫のことを忘れて、ひたってしまっていました*^^*

あわてて車に戻ると、夫の顔はまっかっかです。
青いブルーベルのそばで、まっかっか。「赤と青」・・(T−T)

夫のそばに行くと、「せつさん、のんさんとネルさんが送ってくれた
風邪薬と日本食は、まだ届かないのでしょうか・・・。」
と、つぶやきました。

これは、いよいよ・・・(T−T)

つづく


se_4004.jpg

♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 20:43 | 東京 🌁 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

食べ物:夫4-3

イギリスでの買い付けも4回目ともなると、
少しは慣れてきたような気が・・・。

ただ、やっぱりイギリスって遠いよねえ。

成田からフランクフルトまで11時間。
フランクフルトからマンチェスターまで、2時間30分。
しかも乗り継ぎで3時間、空港からホテルまで1時間30分。
しかも途中、なんやかやあって、
20時間近くもかかるのだから・・・。

僕たちが滞在しているホテルのマネージャーのドンナさんが、
日本までどのくらいかかるの?って聞くから、
15時間くらいって答えたら、「ヒュー!」って言ってました。(T-T)

さて、ワンちゃんと話しているところをせつさんにみつかって、
僕があまり元気がなさそうだから、
おいしいものを食べようということになって、
田舎の中でも大きいその町を、
レストランを探してさまよいました。

が、しかし、僕たちが期待する中華料理がありません。

もちろん日本食なんて、はなっからあきらめているので、
せめて中華やタイ料理を、
と思ったのですが、影も形もありません。

あるのは、フィッシュ&チップスとハンバーガー、
それにパブだけです。(T-T)

せつさんは、海外行くとなんでも平気で食べられるんですね。

驚いたのは、いつか、バリ島に行ったとき、
屋台で売っている7色のかき氷に、
これまた屋台で売っている、へんな色をしたジュースを
合わせておいしそうに、飲んで食べているんです。

ぼくなんか、現地の果物を食べただけで、
一週間の滞在中、ずーっとおなかをこわしていたのに。

せつさんなんて、まったく平気、というか、
いつもより元気なくらいですから。

とまあ、どちらかというと、僕があれが食べたい、これがいやだ、
と駄々をこねているわけです。(^^)

で、せつさんが「やったあ♪イタリア料理があるよー!」
とうれしそうに指を差しました。

よおーくみると、「ピザハット」って書いてあります。
ピザハット・・・、って、あの・・・。(T-T)

でもレストランになっているので、ま、いいか、
ということで中に入りました。

僕はうどんのようなスパゲティを、
せつさんはせんべいのようなピザを、食べました。

ちょっと寂しかったので、
僕がワインリストをみせてくれませんか、
とウエイトレスの女性に聞いたら、

「ここは、ピザハットよ!」と、

きっぱり言われてしまいました。(T−T)


ko_4-3+.jpg
つづく


♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 18:14 | 東京 🌁 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。