2008年08月22日

アンティークセンター:夫6-2

せつさんの大好きな、
スージー・クーパー・コレクターでもあるアンさんから、

僕たちがまだ行ったことのない、

「すばらしいアンティークセンターがありますよ〜♪」

と、教えていただきました。(*^^*)

(地元の方ならではの、うれしい情報ですね!)

今回の買い付けは短いので、
はずれのないいつものおなじみのアンティークセンターや、
アンティークフェアばかりでしたので、ちょっぴりマンネリ感があったのか、
せつさんはそれはもう、大張り切りです!!

そんなわけで、その週の土曜日に出かけてみました。

僕たちは新しい場所にでかけるときには・・・、

いつも「グーグルマップ」を出力して、その地図を頼りにいくのですが、
必ずしも大通りを通るわけではないのがたまにキズ。

距離でサーチするせいか、本当に細かな小さい道を示すので、
いったいどこを走っているかわからず、小1時間・・・。

畑の真ん中や住宅街の裏道を抜けて、心配になりかけたときに看板を見つけました!

ko.6-2-1.jpg

中に入ると・・・、

広大な敷地に、7つ(?)の倉庫型のお店があって、
その他にも、コンサバトリーやお花や植物、それに動物と遊ぶスペースがあったりで、
家族連れのお客様が、たくさんいらっしゃいました。(^^)

ko.6-2-2.jpgko.6-2-3.jpgko.6-2-4.jpg

こうなるとせつさんの目の色が、さっと変わりますー!

僕がトラックを駐車場に止めている間に、
得意のニンジャ走りで、もうどこかに行ってしまいました。(T−T)

僕やようやく中に入ると、センターがあっちこっちにあるので、
せつさんがどこに行ってしまったかわかりません・・・。

いくつかのセンターをのぞいてわかったのですが、

比較的あたらしいミッドセンチュリーを扱っているお店、
キッチン用品に特化したお店、高級品ばかり並べているお店というふうに、
わかれているようです。

ko.6-2-5.jpgko.6-2-6.jpgko.6-2-7.jpg

ようやくせつさんを探しあてたのですが、なんだか、しょんぼりしています。

「どうしたの?」と声をかけると、

「すっごくいいものがいっぱいだけど、みんな高くて買えないの・・。」

と悲しそうにつぶやきます。

確かにどれもこれも、ふだん僕たちが買い付けているところに比べると、
けっこうお高いのです。

それでも気を取り直して、もっと探してみよう!ということになり、
すべてのお店を片っ端からチェックしました。(T−T)

すべてのお店を見て回ったら、すっかりお腹がすきました。

ko.6-2-8.jpg

アンティークセンターの横についている、レストランでチキンカレーを食べながら、

「アンティークって、南へ行くほど高くなるね〜。」とせつさん。

なるほど、せつさんお気に入りのアンティークセンターベスト3は、
すべて湖水地方に近い、イギリス北部に集中しています。

「ということは、スコットランドに行ったら、もっといいかもね〜。」と、

僕が何気なく言ったら、またせつさんの目の色が、さっ!と変わりました。

(し、しまった・・・。)

帰りのトラックの中で、

せつさんはずーっと、スコットランドのアンティークセンターの話しをしっぱなしでした。

(やっぱり・・・。T−T)

つづく

ko.6-2-9.jpg


♪クリックで応援してくださいね♪




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 16:45 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。