2008年09月09日

せつさんのお気に入り:夫6−3

今日はせつさんの、一番のお気に入りの
アンティークセンターをご紹介しますね。(*^^*)

(↓下の写真は、入り口の前にわんさと茂っていたサクランボです。
  もちろんせつさんは、このサクランボをパクパク食べていましたT−T)

ko-6-3-1.jpg

イギリスへの買い付けが決まると・・・、

まず僕が、めんどくさい「スケジュール組み立て」をさせられるのですが(!)、
イギリスに着いたら一番初めに、「どこに買い付けに行くのか?」が、
とても重要なのです。

そこでまず、はずれのない場所! 湖水地方の近くにある、
古い歴史のある町の、このアンティークセンターを訪ねることにしています。(^^)

ko-6-3-2.jpg

このアンティークセンターは、僕たちが初めて買い付けにきた時に、
それこそ初めて訪れた場所です。

その時せつさんは、この中に入った最初のブースでなんと!3時間も
あれこれと見ていたのですー!

でもそのブースは、全体の1割にも満たない小さなブースだったので、
「いったい全部を見てまわったら、何日かかるのだろう・・?」と、
とても心配してしまいました。

ko-6-3-3.jpg

こんな感じのブースが、ずらずらっ〜と、200以上もあるのです!

ko-6-3-4.jpgko-6-3-5.jpg

アンティークのカードの専門のお店や、額だけを売っているお店、
ドリプレSHOPの人気アイテムでもある、
陶器やシルバー、ガラスのお店などなど・・・。

それはもうたくさんあって、1日では絶対に見てまわることはできません。

いい味になったキッチンツールだけを扱っているブースや、
もちろんアンティーク家具もたくさんあって、
最初の頃は、買い付けているだけで、クタクタになったものでした。

最近ではもう慣れて、午前中にひとしきり買い付けたあとは、
外のカフェ(といってもバラック小屋みたいなところ・・)で、カジュアルランチです。

(要するに、質素な・・・という意味ですが。T−T)

ko-6-3-6.jpg

ここにはなぜか、ほとんど選べるメニューがありません。(T−T)

左は、奮発した「エッグサンドイッチ」。右は定番の「デイリー・スープランチ」です。

(このパンが、化石のように固い・・・T−T)

ko-6-3-7.jpgko-6-3-8.jpg

食事の後は、ふたたび元気を取り戻して、
大きな倉庫のような、アンティークセンターに戻って買い付けです!

ko-6-3-9.jpg

ここはせつさんが大好きな、ウェッジウッドやスージークーパー、
ロイヤル・アルバートなどが、いつもたくさん置いてあるブースです。(^^)

大体、午後の3時くらいになると、
アンティークセンターのかなり奥のほうまで、買い付けが進んでいます。

すると必ずこのあたりで、「ミスター・シェリフ」に出会います♪

シェリフさんは、このセンターの中でも大きめのブースを持っていて、
たくさんの本やら、ミッドセンチュリーもの、それにブランド陶器まで、
ほんとうにいろいろな商品を陳列していますー!

ko-6-3-11.jpg

しかも、「これ、おいくらですか・・?」と聞くと、
書いてあるお値段に関係なく、半額以下の値段を言うのですー!!

びっくりして、「これは?あれはー?」と、どんどん聞くと・・・、

もうめんどくさいのか、いくらでもいいよ〜、といった感じで、
まったく商売っ気がありません。(^^)

あっという間に売れてしまった、
人気のクラウンデボンの「ストックホルム」のティーフォーツーも、
シェルフさんから、ここで譲っていただいたものです。

じつは、このシェルフさんに会うのも、せつさんの楽しみのひとつなんですよね。

「シェリフさんって、本当にステキな方ね〜♪」が口癖です。

(きっと、すごくお安くしてくれるからに間違いありません・・・T−T)

つづく




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 18:00 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。