2009年07月18日

お気に入りフェア:夫-7-10

イギリスでの生活は、毎日毎日、アンティークを探して、
トラックで走り回る日々・・・(T−T)

(これではやっぱり「トラック野郎」・・・。)

ko-7-10-1.jpg

もちろん、あてどもなく走っているのではなく、
お目あてのフェアやマーケット、アンティークセンターに
いったりきたり、なのです。

そのなかでも、「横綱級!!」の存在感のマーケットがある
古い歴史の町に、向かっております♪

ko-7-10-2.jpg

ko-7-10-3.jpg

この町のほぼど真ん中にあるのがこの
「フリーマーケット」なのです♪

なんでも、もう何百年も続いているマーケットなのだそうですー!

ko-7-10-4.jpg

ここは、僕たちの買い付けの中でも
「お宝度」がいちばん高い、知る人ぞ知る場所です。

ロンドンのアンティークバイヤーも
ここに掘り出し物を探しに来る、ということですから、
そりゃあもうディープなところなのです。

せつさんが「いちばん好きー♪」と言うだけあって、
そのマニアック度は、ぼくにはちょっとついていけません・・・(T−T)

ko-7-10-5.jpg

なんといっても、
ここには、いつもせつさんが大のお気に入りのジュエリーのお店を出している
姉御肌(!)の、「キャロル」さんがいらっしゃいます♪

久しぶりに会ったら、前回の半分くらいにほっそりしていました!
(びっくり・・!)

ダイエットでもしたのでしょうか・・・??

(あとでせつさんも、「絶対にダイエットなさったのね〜♪」と、
 ひそひそ話しておりました^^)

ko-7-10-6.jpg

このキャロルさんは、ほんとうに働き者で、
いつも午前3時に起きて、準備しているそうです(^○^)

アンティークジュエリーや、コスチュームジュエリーが大好きで、
ついにお店を始めてしまった!という、コレクターでもあるのですね。

そして、いつもキャロルさんのお隣で
ニコニコしている、ご主人のロバートさんです。

ko-7-10-7.jpg

でもね、すばらしいのにお安い(←ここがせつさんのお気に入り!)アンティークも
探せば、あることにはあるのですが・・・、

壊れたラジカセや、使えそうもない時計や、拾ってきたとしか思えない家具などなど・・・、
そりゃあもう、なんでもありー!なのです。

(体力と気力がないと、もうへとへとになってしまう場所なのです。)

しかも、いったいどこからこんなに・・??と思うほど、
もう沢山のイギリスのおば様たちが、押し合いへしあい・・なのです。

そんな場所でも、生き生きとニンジャ走りをしながら、
イギリスのおばさま達とせり合っているせつさんって・・・、なんだか尊敬(T−T)

ko-7-10-8.jpg

そしてこの女性も、せつさんの大好きな方です。

いつも同じ場所で、ステキなアンティークやビンテージの陶器を
いつもクールに販売している、
ん〜っと、お名前を、忘れてしまいました・・・(T−T)
ごめんなさい。

(今回もせつさんは、再会を祝って、ぎゅ〜っとハグされていました!)

ko-7-10-9.jpg

おーっと、せつさんが「買い付け」をしていますね。

ちょっと目を離すと、すぐに何かを見つけては
さっさと交渉を始めてしまいます。

いつも肌身離さず持っている、買い付けノートに書き込んでいます。

ko-7-10-10.jpg

僕はここに初めて来たとき、おもわずせつさんに
「帰ろうよー・・・。」と言ってしまったくらい、
ほんとうにすごいところなんです。

でも、そんな場所でもせつさんは、
こんなにたくさんの、お宝を見つけしまうのですね。

動物的本能、でしょうか・・・♪
(ひ・み・つ)

ko-7-10-11.jpg

「買い付け」がひと段落すると、
このマーケットのお隣にある「中華レストラン」で
チャイニーズの食事をするのが、唯一のお楽しみになっています(^^)

ko-7-10-12.jpg

イギリスでもさすがに、ここいらあたりでは
「日本食」はおろか「中華レストラン」でさえ、
あまりみかけません。

ですから、ほんとうに貴重な「チャーハン」なのです(T−T)
(幸せ・・・♪)

つづく




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 00:00 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。