2006年04月08日

「回る、灯台。」・・せつ2

マンチェスター空港に降り立つ。

さあ、気をとり直してキヨスクを探さねば。キヨスク・・・?

ロードマップを買って、レンタカーを借りて、明るく出発しなければ・・。

やっと薄暗い空港の通路の先に2つのお店のあかりを発見。
1つは小さくて品数も少ない。お店番をしているのは
髪の毛がなぜかぼさぼさの初老の男性・・・。もちろん笑顔はない。

その隣には、広々としたコンビニのような明るくきれいなお店が。
ガラス越しにの造いてみると地図もかなりありそう・・。
その上、レジには満面の笑みの堂々とした体格のスーツ女性・・。

ふっと気がつくと、暗くて小さなお店の中にいる私・・・。

いけない・・こんな弱気では・・・。明日からいよいよアンティークの
買い付けが始まるというのに・・。入ってきたきり考え込んでいる私を
その男性は心配そうに見つめているのでした。思いのほか親切な
男性は奥の棚からとても古そうな地図を出してきてくれました。

地図が古くていいのか・・・?と胸の中で葛藤しながら3冊も購入。

なのに一番いい笑顔でお礼を言う私。まだ弱気かも・・・。

さ、外に出てレンタカーの「ハーツ」さんに行かなければ。

夫は・・・と、見ると少し先の薄暗い通路の真ん中で
1人くるくると回っている。しばらく柱の影から様子をうかがうことに。
余裕である・・・。ゆっくりといつまでも回っていた夫がはたと止まったかと思うと、
「わかったよ〜!出口はここだ!」ととってもさわやかな笑顔で私を呼ぶのでした。

あのう・・・、あなたの頭上に「EXIT」という大きな看板が下がってるんですけど・・。

新たな不安に胸をふるわせながら、
大きなドアを開けてイギリスの大地へと踏み出したのでした。

-----せつ

2_se.jpg




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 19:12 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。