2006年04月23日

「Hit & Run」・・夫 4

「もうクルマで寝ましょう。」店長のせつさんは、地図を読み込むことができません。
かなり、方向音痴といっていいでしょう。地図を見ても、5分と続きません。
で、冒頭の発言です。

日本ではナビ様がいてくれるから、ドライブもずいぶんとらくになったもんです。でもここは、
イギリスです。ナビ様もついておらず、地図も英語ときた日にゃ、もうお手上げです。
ほんとうに、アンティーク雑貨の買付けなんてできるのかなあ、
とまたしても不安がこみあげてきます。

とにかく、僕は必死になってマンチェスター空港からM56に乗り、途中でM6を右折し、
今夜泊まる予定のチョーリーのホテルを目指します。
A5209の出口を降りるところまでは、暗い雨の中を
よく間違えずに来たもんだと気分はよかったんです。
ところが、一般道に入ってからまったく方向がわかりません。
まいったな。と、せつさんを見ると、・・・・・寝ています。しっかり、寝ています。やれやれ。

しかたなく、ガソリンスタンドのコンビニで道を聞くことにしました。
コンビニの若い店員さんはとっても親切で、ていねいに教えてくれます。
お客さんが何人かいたのですが、僕が終わるのをにこにこしながら待っていてくれます。
イギリス人って、いい奴じゃん、なんて心の中で思いながらクルマに戻ると、
せつさんがクルマの外でなにか叫んでいます。

近くによると、「た〜い〜へ〜ん」「た〜い〜へ〜ん」と言っているようです。
英語かと思いました。
「10人くらいがぶつけていって、はあはあ、ワゴン車が消えたの〜〜。」
すっかり子供みたいになっていて、なにをいっているのかよくわかりません。

指をさして、「見て見て。」というので、クルマの反対側に行くと、ドアミラーがありません。
よーくみると、道路のかなり先のほうにこなごなに壊れて散乱しています。
どうやら10人くらい乗った酔っ払い運転のワゴン車が当て逃げしたようです。
イギリス人って、やな奴じゃん。と思いました。

当て逃げのことを英語では「Hit & Run」ということをこのときに知りました。
「いやあ、ドアミラーくらいでよかったよなあ」とせつさんを見ると、いません。
すっかり助手席にのって、「レッツ・ゴー!」なんて言ってます。
立ち直りの早いところがせつさんの持ち味です。

その後、道を聞くところがなく、なんどかパブによってべろんべろんに酔っ払ったお客さんに道を聞きながら、ようやくホテルに着いたときには、天国についたような気分でした。

「google mapにお礼しないとね」
せつさんの目が、久しぶりにクリックリしています。

つづく


4gif.gif





♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 10:40 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。