2008年02月26日

休日♪:せつ5-5

3週間の買い付けの間に、やっと1日だけ「休日♪」がー!

とはいっても、11月のイギリスは昼間の時間がとっても短くて
どこもきれいなガーデンは、クローズです・・(T−T)

前回の5月には、湖水地方に小旅行に行きました。

今回は、大好きな陶器の町「ストーク・オン・トレント」に行くことにしました。

朝早くから、ワクワク出発ですー♪

もう何度もお伺いしているので、すっかり「裏道」を走ってあっという間に到着です♪

se_5_5_1.jpg

半年ぶりの、ストーク・オン・トレントの街は、なんと!「セール」の真っ最中ー!

いつもお伺いする「ウエッジウッド・ファクトリーショップ」や、
「ロイヤルドルトン」、「ロイヤルアルバート」などなど・・。

今回は初めて、重厚な赤レンガの「ポートメリオン」の工場にある、
ファクトリーショップにもお伺いしました。

se_5_5_2.jpg

そしてそして今回の「目玉企画♪」の、『陶器美術館』訪問ー!です。

建物に入ってすぐの壁には、イギリスのたくさんの陶器会社のポーセリンマークが、
壁一面にコラージュされています(*^^*)

一つ一つみていると、「ああ〜♪ これこれ!」と、
思わず知っているブランド名を競争のように読み上げます。
(って、そんな子供のような人は私たちだけ・・・T−T)

se_5_5_3.jpg

中は、いろいろな時代のイギリスの陶器たちの歴史やディスプレイが。

ウエッジウッドの本でしか見たことのない、貴重なジャスパーたちも発見!

広い美術館には人影もなく、し〜ん!としています。

すぐ手のとどくところに、こんな貴重なものを置いてもいいのでしょうか・・?

se_5_5_4.jpg

そ、そのとき静かな館内に「ビビー!!ビビー!!ビビー!!」と、
大音響が響きました。

なにごとですかー!?と、思わずびっくりしていたら

少し先の棚の前に、真っ赤な顔をしたネルさんが・・・。

「どーしたの?」と聞くと、「あんまりきれいな壺だったから
ついつい身を乗り出してみていたら、急になにかがピカッ!と光って
大きなブザーが鳴り出したのです〜!(T−T)」とのこと。

どうやらネルさんは、目に見えない最先端のセキュリティに引っかかってしまったのですね。

幸い駆けつけてきたガードマンの方も、真っ赤な顔のネルさんを見て
にっこり許してくださいました*^^*
(ほっ・・・♪)

そんな騒ぎの間、夫は・・・と探すと
大きなすごいドールハウスの前にたたずんでいます。

se_5_5_5.jpg

それは、3階建ての大きなドールハウスで、
良くぞここまで・・・!と感心するほど細部にこだわって作られています。

「なるほど〜!」といいながら、なぜか夫は目を輝かせて見入っています。

se_5_5_6.jpg

ドールハウスの中においてある小さな食器や、壺などもみんな
精密な陶器できちんと、当時を再現して作られているのですね・・。

しばらく眺めていたのですが、いつまでも見入っている夫を残して
移動しました。

でも何がそんなに気に入ったのでしょうか・・・?

se_5_5_7.jpg

そういえば今年の秋は、結婚25周年♪

「私に、ドールハウスを作ってくれる気ねー!」とうれしくて聞いてみると、

「全然、違います!」と、きっぱりとした答えが返ってきました。

(いまだに、謎です・・。もしかして、ただの人形好き? T−T)

つづく--------


人気ブログランキング今何位かなあ?




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 16:03 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。