2008年03月13日

陶器美術館:せつ5-6

前回の続き、今回もたった1日の、「休日」の楽しい思い出です♪

ストークオントレントの町にある憧れの「陶器美術館」の、パート2です!

ネルさんの防犯ブザー騒動や、夫のドールハウス立ち止まり事件をやりすごして、
やっと落ち着いてイギリスのすばらしい陶器たちをじっくり見ることが・・・。

17世紀の貴重な陶器類を過ぎて、18世紀のコーナーへ♪

se_5_6_00.jpg

大好きなウエッジウッドの歴史やその作品群は、「はぁはぁ・・。」
(すみません、血圧が一気に上昇・・*^^*)

うっとりしてしまいます・・。

今までご本でしか見たことのない、あれもこれもー!!目の前にあるのですから。

はぁはぁ・・よろよろ・・、食い入るように見て行きます。

たまに「きゃぁ〜♪」とか、言いながら。
(今思うと、はた目には相当怪しい東洋人だったかも・・・T−T)

長い長い展示コーナーが終わりました。

「さて、次は・・??」と通路を歩いていくと、ガラッとディスプレイが違うお部屋に。

なんと、いきなりステキなお台所ですー!

se_5_6_1.jpg

広いスペースが小さなお部屋に分かれていて、ずっと遠くまで続いているようです。

ここはますます、ひとけがなくて、貸切状態ー!

苦手な英語を何とか読んでみると、どうやらイギリスの18世紀から20世紀の
生活雑貨や、当時のおうちの中を再現してある「生活の歴史コーナー」のようです。

なんて、「ラッキー!」なのでしょうか。

私の趣味の、イギリスアンティーク雑貨の「ラブラブ・ワールド」だったのですー!
(はぁはぁ・・。また血圧が・・♪)

se_5_6_3.jpg

アンティークのキッチンツールが並んだ、すばらしいお台所ー!

タイル張りのキッチンストーブもかわいいですね♪

se_5_6_5.jpg

各時代のお台所がずらりと並んで、小物も含めて当時を正確に再現しています♪

さっきのお台所は、どうやら1940年ころのものですね♪
まあるいレトロな冷蔵庫が、やさしいですねー!

アルミのケトルや、お鍋がカントリー*^^*

se_5_6_2.jpg

先に進むと、大好きなアンティークボトルがずらりと並んだ
当時のドラッグストアーが!

なぜか女性のマネキン人形が、2体・・。

でも顔が笑っていなくて、ちょっぴり怖い・・・(T-T)
(なぜこんな怖いお人形を・・?)

se_5_6_4.jpg

あっという間に、閉館のお時間になってしまいました。

ああ・・、もっとここにいたいのにー!

と、心の中で叫んでしまいました*^^*

でも、あれっ?

いつのまにか、ネルさんも夫も姿が見えません。
(そういえば、ここの生活雑貨コーナーでは見かけなかったような・・。)

何とか出口を見つけて外に出ると、2人はぼーっ・・とした顔で
並んで腰掛けています。

「楽しかったねー♪」と、明るく話しかけると、
「せつさん、あのコーナーに何時間いるつもりですかー!」と、言うではありませんか。

ん?と思って、腕時計を見ると・・、
生活雑貨コーナーに入ってから、2時間が経過しておりましたー!

なんと、2時間も待たせてしまったのですね。

アイム・ソーリー・・*^^*

つづく

人気ブログランキング今何位かなあ?





♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 20:20 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。