2008年04月10日

牛:せつ5-8

イギリスに買い付けにうかがうたびに、お気に入りのお店が増えてきました。

その中でも一番古い、大好きなアンティークセンターのお話です*^^*

そこは、昔ながらの古くて美しい町にあります。
細い田舎道を車で行くと、「ヒストリック・シティ」と道ばたの看板に書いてありました。

なるほど、何百年もたった歴史的な古いレンガ造りの美しい家々を、
今も大切に保存して住んでいるのですね。

se_5_8_1.jpg

ここには昔、アンティークの師につれてきていただきました。

当時のことは、だんだん記憶もおぼろ・・になってきてしまいましたが、
はっきりと今でも覚えていることがひとつあります。

「牛」です・・・・。

それもとてつもなく大きな黒い牛が、アンティークセンターの入り口のところに、
どど〜ん!と、乗っかっているのですー!

(なぜですかぁ・・T−T)

今でも、あの不可解な衝撃を忘れることはできません。
(一瞬見間違いかと・・。)

se_5_8_2.jpg

入り口は小さく見えますが、奥はものすごーく広々としていて、
じっくり見たら、一日はたっぷりかかってしまうほどです。

そして、いったいいつのころからここにあるのー?というほどの、
どっさり&ごちゃごちゃアンティークワールドで、
お皿は高ーく積み上げられているし、見るのにもまずすべてのお皿を、
「どっこいしょ・・。」と、床においてからではないと
全貌は明らかにできません。

疲れていてふらつこうものなら、いろんなものが落ちてきたり割れたりして
大惨事を起こしてしまいそうです。

ですので、動きは超スローモーに優雅に、アンティークたちの間をすり抜けながらも、
目と頭はフル回転(T−T)という、高度なテクニックも要求されます。

ここのいいところは、大きなトローリーを何台も貸してくださることです。
(スーパーなんかにある、お買い物のカートですね♪)

買い付けは、重たいものをどんどん運ぶ作業でもあるので、
本当にありがたいのです。

開店時間にあわせていつも朝からお伺いするのですが、
毎回「ハロー!ドゥユー・リメンバーミー?」とお聞きします。

でも必ずきっぱり、「ノー!」と言われて・・、私の笑顔もフリーズ・・(T−T)

もう10回以上はお伺いしているのに、(そのつどできるだけおしゃべりをしているのに・・)
さみしい・・。

でもそこがまた良くて、ほおっておいてくれるので買い付けが落ち着いてできるのですね♪

(でももうそろそろ、顔を覚えてくれても・・。)、

そんな巨大アンティークセンターをぐるぐる回っていると、
お腹は「ぐぅ〜!」ですね*^^*

se_5_8_4.jpg

そしてここのいいところは、外に出ると、すぐそこに小さなカフェがあるのです。

車でまた町まで出なくていいので、時間短縮です♪

でも、ここのカフェもなかなか・・・。

中に入ると、なぜかお客さまは全員(!)私たちの顔をまじまじー!と見るのです。

話もぴたりと止まってしまい・・。
(き、きまずい・・。)

日本人が珍しいのでしょうか・・?確かにここあたりでは、アジア人を見かけません。

お店に入る時は、自分のテンションを高ーくしておかないといけません。

そして、そこのウエイトレスの女性たちも、なかなかクールなのです。

もちろん、笑顔なし!ですが、めげてはいられません。
こちらは、「ハロー♪」と大きな声でにっこり!作戦です。

小さなパンとスープだけの、デイリーランチが「1000円!」ですからー!

心の中では、毎回ミニ暴動をおこしております。
(お腹は全然いっぱいにならないし・・。)

そんなランチタイムを、毎回しつこく繰り返しております。
(最近は気のせいか、ちょっぴり溶け込めた気も・・。)

ランチの後は、お隣にある小さなガーデンセンターをのぞいてみます♪

se_5_8_3.jpg

ここはつい1年ほど前にできた、ガーデンセンターで
いつ行っても人がいません・・(T−T)

とってもきれいで、ステキなガーデングッズがいっぱいなのですが、
ご近所の方はみんな、
手前にある「激安何でも屋さん」に入っていくのです。
(これも不思議・・?)

貸しきり状態のガーデンセンターを、お腹こなしにゆっくりと見て回ります。

se_5_8_5.jpg

そんな通いなれたこのアンティークセンターに、きっとまた次もお邪魔することと思います。

(そしてまた、同じ質問を・・。こんどこそー!)

つづく


人気ブログランキング今何位かなあ?




♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 15:34 | 東京 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。